NBA

NBA

2019/07/13

数少ないフランチャイズプレーヤーの一人、ラッセル・ウェストブルックがロケッツへトレード‼︎

 アンソニー・デイビスのレイカーズ移籍を皮切りに、ケビン・デュラントとカイリー・アービングがネッツへ、カワイ・レナードとポール・ジョージがクリッパーズへ戦いの場を移した今夏。

 

 近年まれに見る選手の“大移動”でリーグの勢力図はガラッと変わり、来る新シーズンは各地区で混戦の様相を呈することだろう。

 

 そんな激動の夏を締めくくるかのように、ラッセル・ウェストブルックのロケッツ移籍の情報が舞い込んだ。ジョージがクリッパーズへ移籍した直後、サンダーはサラリー調整のために先発PFのジェレミー・グラントをナゲッツへ放出。これにより、本格的に再建の道に舵を切った。

 

 シーズン平均トリプルダブルを記録し、選手として全盛期を過ごすウェストブルックにとって、このタイミングでのチーム再建は優勝のチャンスを逃す可能性が高いことを意味する。そんな状況下で、球団側とウェストブルックがトレードについての意見で合意したのだ。

 

(ウェストブルックはサンダーで11シーズンを戦った)

 

 サンダーが全身のシアトル・スーパーソニックスからオクラホマへフランチャイズを移した2008年のドラフト全体4位で入団したウェストブルック。オクラホマ唯一のプロスポーツチームであるサンダー一筋のキャリアを過ごしてきたウェストブルックは、地元ファンにとっては、まさに球団の歴史そのものであり、球団を象徴する存在だった。その選手がトレードされたという事実は、リーグそのものが大きな転換期を迎えていることに他ならない。

 

   自身のSNS上に球団、ファン、そして街への感謝をつづったウェストブルックは「オクラホマが僕と家族に与えた影響と同じように、僕もオクラホマに影響を与えられたと願っている。多くの友人と出会い、たくさんの感謝とともに、オクラホマを去るよ。ずっと支えてくれたことは感謝しきれない。夢のような時間だった」とコメント。最後には自身の代名詞ともいえる言葉 #WHYNOT と付けられていた。

 

 見返りにサンダーが獲得したクリス・ポールは、34歳の年齢と向こう3年にわたる高額契約を残しており、放出の噂が挙がっている。もし、これ以降に何らかの動きがあるとすれば、それはポールのトレードだろう。

 

 いずれにしても、ウェストブルックの移籍は今夏を締めくくる、ビッグニュースだったことに間違いはない。

 

 今夏の主な移籍選手は以下をチェック!

続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください