NBA

NBA

2021/04/10

八村 塁(ウィザーズ)、チームハイの22得点で対ウォリアーズ戦逆転勝利に大きく貢献

 しかし、いざ試合が始まると八村に対するディフェンスはカーHCが示唆したような効果を生み出すことができなかった。やはり最大の得点源であるブラッドリー・ビールに対し特別に高い警戒を保たなければならない。その状況で八村は第1Q残り7分53秒にトランジションでレイアップを決めた時点で10得点。5本のフィールドゴールは前述のトランジションでのレイアップのほかに、ハイポストからのジャンパー2本とドライビング・レイアップにアリウープと、いずれもゴールに近いエリアを攻略したもの。このうち4本にウエストブルックから、1本にビールからのアシストがついており、ウィザーズは“ビッグ3”がウォリアーズのディフェンスにうまく対応してペースをつかんだ形だった。
 ただ、ウォリアーズもこの日32得点を挙げたステフィン・カリーを中心に大いに粘りを見せた。第4Q残り2分42秒にビールがアーリーオフェンスからレイアップを決めて102-97の5点差をつけても、ケリー・ウーブレとアンドリュー・ウィギンズのダンクなどで追いすがる。残り33秒にカリーがリバースレイアップを決めた時点では105-104とリードを奪い返し、残り19秒には再びカリーがフリースローで2点を加え、107-104と優位に立った。
 ウォリアーズはここまで、リーグの得点ランキング1位に座しているビールの得点を14得点に抑えていた。ところが、カリーのフリースローに続くポゼッションでウエストブルックが放った3Pショットのこぼれ球が左コーナー付近にいたビールの手元に…。残り時間は6秒あまり。このボールを手にしたビールは、クローズアウトしてくるウィギンズのプレッシャーを受けながらみごと3Pショットを成功させ、このプレーで得たファウルによるフリースローも決めて108-107とリードを奪い返すことに成功した。ビールはさらに、ウォリアーズが次のポゼッションをターンオーバーで終えた後にフリースローで2得点を重ね、記録としては試合終了間際のわずか6秒間で6得点。驚異的なクラッチぶりでスコアを110-107とし、ウィザーズの勝利を決定づけた。

 

試合終盤の勝負がかかった一瞬のチャンスを実らせたビールのクラッチぶりには脱帽するしかない


 この試合では、勝負を決めたのは最後の局面でのオフェンスリバウンドとブラッドリー・ビールのクラッチ・ショットなのは間違いない。しかしウィザーズ側はウエストブルックが試合を通じてチームをけん引し、記録としても19得点、14リバウンド、14アシストのトリプルダブル。八村は序盤の得点に加え勝負のかかった第4Qにも、残り2分17秒のプルアップ・ジャンパーを含め7得点を積み上げ、ビールが苦しんだ分をしっかり穴埋めする貢献をもたらしていた。ブルック・ロペスはビールに並ぶ20得点。オフェンスでさほど目立たなかったルーキーのデニ・アブディヤも、ビールのクラッチ3Pショットの直後にナイスディフェンスでウォリアーズの得点機をつぶすなど、ウィザーズは個々のプレーヤーができる貢献を持ち寄ったような形で勝利をつかんだ。スコット・ブルックスHCは、序盤のウエストブルックと八村の連携について、「彼(ウエストブルック)とルイはものすごい相乗効果を生んでいる」と絶賛していた。

 カーHCは最大の敗因として、ビールのクラッチプレー以上に前半のウォリアーズのディフェンスに元気がなく、腰が引けてフィジカルな守り方ができていなかったことを挙げていた。しかし裏を返せば、ビッグ3を中心としたウィザーズの勢いが簡単には止められないレベルに上がってきているということなのかもしれない。
 ウィザーズはこの2連勝で通算成績を19勝32敗とし、イースタンカンファレンス13位。しかしこの勝敗と順位はチームの現状を表してはいないだろう。翌日(日本時間4月11日)に対戦するフェニックス・サンズは36勝15敗でウエスタンカンファレンス2位のチームだが、激しい試合になりそうだ。

 

試合後会見でのブルックスHCの声は明るく、八村に関しては「ウィザーズ入りして以降毎月成長がみられる」とも話していた

 

取材・文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください