NBA

NBA

2021/04/10

八村 塁(ウィザーズ)、チームハイの22得点で対ウォリアーズ戦逆転勝利に大きく貢献

ビールに対するプレッシャーが厳しい中、八村はチームハイの22得点で存在感を示した(写真をクリックするとインタビュー映像が見られます)

 

 日本時間4月10日(アメリカ時間9日)にサンフランシスコで行われたゴールデン・ステイト・ウォリアーズ対ワシントン・ウィザーズ戦で、八村 塁が序盤からの活躍でウィザーズをけん引し、110-107の勝利に大きく貢献した。八村はこの試合でチームハイの22得点に加えて5リバウンド、1アシスト。フィールドゴールは16本中9本を決め成功率56.5%、±もチームハイとなる+13と非常に効率の良いプレーぶりだった。ウィザーズの最初の6得点はいずれも八村がラッセル・ウエストブルックからのパスを受けて奪ったもの。この3本でティップオフから約1分半の間に、ウィザーズは6-0と好スタートを切ることができた。
 試合前の会見でウォリアーズのスティーブ・カーHCは、八村について「彼は強くて身体能力が高く、スターター入りもうなずけます。若手の有望株ですからね。才能豊かなプレーヤーです」と高い評価とともに警戒感を語っていた。「プレーぶりを見るとミドルレンジのショットがうまくゴール周辺で爆発的なプレーをしています。オフェンスリバウンドを獲られないようにして、トランジションでも簡単に得点させないよう気をつけます。できるだけ外から打たせたいですね」というのがカーHCの八村評。彼自身による英文での返答は以下のような流れだった。
“He’s a really athletic, strong player, in their starting line-up for a reason because he’s a good young prospect. So, very talented player, you know just watching him, he’s a…, he’s got a very good mid-range shot and veery explosive around the basket. So, we’ve gotta try to keep him off the offensive boards. And we’ve gotta keep him from scoring easily in transition, try to force him into more perimeter shots.”

 

カーHCは試合前の会見で八村を高く評価し、警戒感も感じさせていたが、ウエストブルック、ビールとの連携を止めるのは容易ではないようだ(写真をクリックするとインタビュー映像が見られます)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください