月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/05/03

八村塁、NCAAに残した大きな足跡

全米ベスト5に選出された八村

 NBAドラフト指名が可能になるアーリーエントリーも表明した八村がチームの大黒柱として挑んだNCAAトーナメントでは、ゴンザガ大は1、2回戦を勝ち進み、3回戦では昨年のトーナメントで敗れたフロリダ州大との対戦。エリート8を懸けたリベンジマッチだった。八村は顔面に肘鉄を受け、鼻血を出しながらもチームを鼓舞し、勝利に導いた。

 

 目標のファイナル4まであと1勝に迫った。相手は昨季ファイナル4を目前に敗れたテキサス工科大で、大舞台への切符を必死で奪いにくることが予想された。

 

その1戦を前に八村は言った。

 

「1年間、このためにいろんなことを犠牲にしてやってきた」──。

 

 月刊バスケットボール6月号では八村塁のNCAAトーナメントのストーリーを掲載。

 

月刊バスケットボール


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube