月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/05/03

八村塁、NCAAに残した大きな足跡

 NBAでプレーする渡邊雄太をはじめ、これまで何人かの日本人選手がNCAA(全米大学体育協会)のデイビジョン1でプレーをしてきている。しかし、その結果として、シーズン最後に開催されるNCAAトーナメントに出場できたのは八村塁ただ一人。しかも、今シーズンは所属するカンファレンスのMVP、全米ベスト5、ポジション別最優秀選手(スモールフォワード)に与えられる「ジュリアス・アービング賞」にも選出される活躍を見せた。

<続きを読む>


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube