Bリーグ

Bリーグ

2021/06/09

千葉ジェッツ専用練習場、ロックアイスベースの魅力

 6月7日に千葉ジェッツが開催した『CHIBA JETS REBRANDING』発表会見は、ホームアリーナの船橋アリーナからさほど遠くない千葉県八千代市で行われた。チーム専用の練習場として4月にオープンしたばかりのロックアイスベースがその会場だった。

 

ロックアイスベースの上階から見下ろしたコートの様子

 

メインコート中央にはの新調されたチームロゴも

 

施設内は天井が高く広々とした印象がある

 

NBA級の眩しさを持つ施設

 

 ロックアイスは家庭用の袋詰め氷製品で、千葉ジェッツとパートナーシップを結んでいる小久保製氷冷蔵株式会社が製造、販売している商品だ。ブランドロゴはチームが公式戦で着用するパンツにも掲出されているが、コンビニやスーパー等で商品自体を見かけたことのある人も多いのではないだろうか。

 

 ロックアイスベースの情報自体はすでに公になっていたのだが、足を運ぶのはこの日が初めてだった。筆者はたまたまNBAの取材経験があったので、本場アメリカの練習施設の充実ぶりを少しは知っている。毎度渡米して各チームの施設に足を踏み入れるたび「やっぱり本場はスゲェな…!!」という率直な感想を持ち帰ってきたものだ。

 

 しかしこの日、ロックアイスベースに到着した時点から、それを上回る驚きに包まれた。これまでに感じたことのないようなワクワク感が頭を満たした。

 

 今回のリビルディングのコンセプトに沿って用意された新しいチームロゴがあしらわれたコートは、チームのメンバーが「ここは俺たちのコート」と胸を張れるデザインだ。コートのすぐ横にはトレーニングルームが見え、食堂、ボディーケアを行うケアルームもある。

 

 2階に用意されたチーム専用のロッカールームは、個々のプレーヤーのロッカーごとに背番号がついており、それぞれが自分専用の場所として使用することができるようになっている。全員が集まって映像を確認する際に必要な大型モニターもある。スタッフのミーティングルーム、シャワールームに加えてロックアイスを使ってアイスバスとしても活用できるバスタブも。さらには仮眠室まであり、極端な話、ここから一歩も外出しなくても、連日バスケットボールに取り組んで上達できるすべての環境が整っている。アメリカで目にしたNBAの施設にまったく引けを取っていない。

 

 外観、内装、パッと見ただけで視界に飛び込んでくる充実した設備の数々、背景となったコンセプト、将来展望。会見を通じて語られるそうした要素を聞くにつけ、ロックアイスベースはいっそう眩しい場所に見えてきた。

 

【関連記事】 創立10週年、新生千葉ジェッツが「離陸」 - 『CHIBA JETS REBRANDING』発表会見レポート

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内