NBA

NBA

2020/04/25

【コービー・ブライアント追悼コラム】コービー・ブライアントへの手紙を書いたジョン・ジェイコブソンさん

『英雄伝説 コービー・ブライアント』のP68から始まる『コービー・ブライアントへの手紙』の原文を、2015年秋に執筆したジョン・ジェイコブソンさん。今回と次回の2回にわたり、ボストン・セルティックスの大ファンでブロガーとして活動している彼とのやりとりを通じて、その人物像を紹介したいと思います。

文=柴田 健

 

『英雄伝説 コービー・ブライアント』より『コービー・ブライアントへの手紙』トップページ

 

『コービー・ブライアントへの手紙』は、2015年11月に、コービーの引退を知ったジェイコブソンさんが自身のブログサイト「TommyPoint.com」で公開した文面を和訳したものです。コービーに対して「あなたが大嫌いです」と始まるこの手紙は衝撃的で、読み進むにつれて、セルティックスに対する愛情、コービーに対するリスペクトや惜別の想いが伝わり、この舞台背景を知っている人ならば深く共感できると思います。
 
 文面からして、ジェイコブソンさんが熱狂的なセルティックスファンであることは明らか。そこでまず、そうなった理由から聞いてみると、「僕は1991年にワシントンD.C.で生まれました。ボストンのスポーツを応援するようになったのは父の影響。父は1960年代にマサチューセッツ州で育った人なので」とのことでした。
 
 1960年代のボストンといえば、セルティックスの黄金期に湧き上がっていた時代です。1959年から66年までは8連覇。その2年前、57年から69年までの13年間で11度リーグ制覇を成し遂げています。これはNBA史上最も支配的な“ダイナスティー”であり、1991年から98年までの8年間で6度優勝したマイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズさえも、上回ることはできませんでした。
 
 現代NBAではほとんど不可能ではないかと思われる大記録を打ち立てた、最強セルティックスの熱気を体中に浴びながら育ったお父さんは、幼いジェイコブソンさんを連れて年に5-6回はボストンに帰り、そのたびにセルティックスやレッドソックス(MLB)のゲームに連れて行ってくれたそうです。そんな家庭に育てば、セルティックスとロサンジェルス・レイカーズのライバリーは人生の一部と言えるものに違いありません。ジェイコブソンさんには両チームにまつわる思い出深い試合も当然あると言い、「僕にとってセルティックスvs.レイカーズでいちばん思い出深いのは、父と一緒に観戦した2008年のNBAファイナル。セルティックスがコービーとレイカーズを倒してチャンピオンシップを手にしたあのシリーズは、いつになっても忘れることができない、生涯最良の日々です」と話してくれました。
 
2008NBAファイナルでのコービー
 
 この当時のセルティックスは“激動期”。何しろ優勝した2008年の直前となる2006-07シーズンの成績はイースト最下位(24勝58敗)で、翌シーズンに優勝を考えられる成績とはとうてい思えません。しかし2007-08シーズンの開幕前、ケビン・ガーネットとレイ・アレンを獲得したことで状況は一変。ポール・ピアースを加えた“ビッグスリー”を核に、レギュラーシーズンでイーストの第1シード(66勝16敗)を手にしてプレーオフに臨むのです。
 
 一方のレイカーズも、2007-08シーズンはドラマチックな時期でした。2006-07シーズンはプレーオフ進出こそ果たしたもののファーストラウンドでフェニックス・サンズに敗退しており、オフにはコービーがトレードを志願したほどチーム状況が悪化していたのです。
 
 ただ、コービーとドラフト同期のデレク・フィッシャーが3年ぶりにレイカーズに復帰。また2008年の2月にはパウ・ガソルが加入し、“古豪復活”の地固めが進んでいました。最終的にこのシーズンのレイカーズは、ウエストの第1シード(57勝25敗)でプレーオフに進み、デンバー・ナゲッツ、ユタ・ジャズ、サンアントニオ・スパーズを倒して6年ぶりにファイナルに進出。セルティックスとの宿命の対決が実現したわけです。
 
 両チームがファイナルの舞台で対戦したのは1987年以来21年ぶり。アービン“マジック”ジョンソンとラリー・バードにかわりコービーとビッグスリー(あるいはラジョン・ロンドも含めファンタスティック・フォー)という役者がそろっていた中で、4勝2敗で王座を獲得したのはセルティックスでした。
 
 宿敵を倒しての22年ぶりの王座。父親とともに味わったその思い出は、ジェイコブソンさんのこれまでの生涯でとても大きな意味合いを持っているようです。
 
☆ジェイコブソンさんのブログサイト「TommyPoint.com」で公開された「Dear Kobe Bryant」原文へのリンク

 

 

コービー追悼特設ページ『Dear Kobe Bryant』

↑画像をクリックして特設ページへ↑

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください