高校生

高校生

2019/07/31

【インターハイ2019】月バス PICK UP GAME 7.30/明成(宮城)vs.北陸(福井)

序盤から北陸に圧倒された明成
未完成なチームが多くの課題を持ち帰る

 

 

 第4シードの東北王者・明成(宮城)が、3回戦で姿を消した。相手は北信越3位の北陸(福井)。1回戦で市船橋(千葉/91−86)を、2回戦で東海大付諏訪(長野/86−71)を下して破竹の勢いに乗る北陸に序盤から圧倒され、1Qで14点ビハインドを負った明成は、最後まで追い付けずに70−75で敗れた。

 

 明成は、マンツーマンディフェンスで通した前日の飛龍(静岡)戦から一転して、立ち上がりから2−3のゾーンディフェンスを講じた。インサイドを手堅く守り、北陸の大黒柱#10ダンテ・スレイマニに得点を許さない。ただ、相手の激しいマンツーマンディフェンスに対して、逆に自分たちの得点が伸び悩んでしまう。得点源の一人である1年生の#8山﨑一渉は厳しいマークに遭い、#6菅野ブルースらが単発で決めるもなかなか波に乗り切れなかった。その間、北陸は#5髙橋颯太や#14小川翔矢の3Pシュートが気持ち良く決まり、22-8と大幅なリードを奪って1Qを終える。

 

続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください