月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/11/02

【最新・月刊バスケットボール12月号】「戦術が昭和、平成で止まったままではありませんか?」 知っておこう! 覚えておこう!“REIWA(令和)”の新戦術

★既成概念を打ち破る衝撃のディフェンスシステム⑤

 

3Pライン導入でディフェンスの考え方が変わり、“パックラインディフェンス”が登場した。このディフェンスは、バージニア大トニー・ベネットヘッドコーチの父、ディック・ベネット氏が考案したもの。NCAAチャンピオンになったバージニア大が採用していたすばらしいディフェンスシステムは、ここ数年で最も成功率の高いディフェンスシステムの一つと言っても過言でない。そんな既成概念を打ち破る衝撃のディフェンスシステムとは…?(※一部抜粋)

 

 最近のオフェンスから見るディフェンス事情などを踏まえて、好評連載中。より効果的なマンツーマンディフェンスをするために必要なものとは何か。

 

★ディナイはしない!

 

 今月号では“ポジショニングについて”を詳細に解説している。

 

【ポストマンのディフェンスはフルフロント】

 

 詳しくは『月刊バスケットボール12月号』へ!

 

(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内