ミニバス

ミニバス

2022/03/29

【全国ミニバス2022】結果以上の可能性を見せた全員がワンハンドシュートの撫養クラブ(徳島)

   今回の全国ミニバスで3戦し、全敗[第1戦・対並木シルバーフォックススポーツ少年団(茨城)28‐59、第2戦・対深井リトルペッパーズ(大阪)37‐41、第3戦・対本渡中央JumperZ(熊本)25-32]という結果に終わった撫養クラブ(徳島)。チームを率いて8年目になる野田和伸コーチは「勝つためにチームを作らなければ勝てないということがよく分かりました」と振り返ったが、その撫養クラブの選手たちは試合結果以上の可能性を見せてくれた。

 

【写真12点】撫養クラブ(徳島)フォトギャラリーはこちら

 

 

 それこそが、選手全員がワンハンドシュートを打つということ。また野田コーチが「戦術的なことより、1対1に重点を置いた指導をしています」と言うだけあり、ドリブルが多彩なのも特徴だ。特にそれを体現しているのが、キャプテンの#4住友杏莉とエーエの#5外川穂華。レッグスルーやビハインド・ザ・バックといった技だけでなく、緩急を織り交ぜたドリブルには躍動感があり、相手とのスペースを作ってからのワンハンドでのプルアップジャンプシュートは見ていてほれぼれする。またリングの左からレイアップにいくときは、左手でシュートを打つなどしっかりと将来につながる技術にトライしているのも好感が持てる。今大会ではシュートがリングに嫌われることも多く、第2、3戦では接戦をものにできなかったが、プレー一つ一つを切り取って見ていると非常に面白いバスケで、可能性を感じさせるものだった。

 

 

 

 撫養クラブでは、野田コーチが就任してからずっとワンハンドシュートの指導を行ってきた。下級生でチームに入ってくる子は上級生がワンハンドでシュートを打つのを見ているため、自然とワンハンドシュートを打つようになる。「選手たちにはツーハンドという概念がないと思います」と野田コーチ。そこまでワンハンドシュートにこだわるのは、目先の勝利より将来的な選手の成長を願っているから。「将来的に日本代表として活躍してくれるような子が出てくれればと思っています」という野田コーチの夢を現実のものにする選手が出てくることを願いたい。

 

 

取材・文/高木希武(月刊バスケットボール)

写真/JBA

※全国ミニバス大会の報道、全チームの紹介は4月25日発売の月刊バスケットボール6月号で!

 

 

☆月バス.COMでは大会期間中、連日、試合速報を実施!

 出場チーム一覧など、月バス.COM特設ページは下記まで。

https://www.basketball-zine.com/2022minibas

☆キラリと光る活躍を見せたプレーヤーの紹介など、見逃せない記事も連日アップ!

【“第53回全国ミニバス全試合配信”バスケットLIVE】

https://basketball.mb.softbank.jp/lives/103118?utm_source=partner&utm_medium=basketball-zine&utm_campaign=020

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021