男子日本代表

男子日本代表

2020/02/28

【男子日本代表インタビュー2】金丸晃輔(三河)

 上位12チームに与えられるアジアカップ出場を懸けて、アジア&オセアニア地域の全24か国で争われる「FIBAアジアカップ2021予選(以下アジアカップ予選)」。日本は中国、チャイニーズ・タイペイ、マレーシアと同グループになり、3つのWindowにおいてホーム&アウェイ方式で全6試合を戦うことになった。

 

 2月21日に千葉ポートアリーナで開催予定だったWindow1の中国戦は、新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大防止のため開催が延期。Window1のもう一つの試合、2月24日のチャイニーズ・タイペイ戦は無観客試合による開催となり、日本は96 – 57で快勝した。

 

異例の無観客試合も日本代表が快勝でチャイニーズ・タイペイを下す

 

 ここでは2月19日の公開練習で聞いた男子日本代表のインタビューをお届けする。第2弾は、チャイニーズ・タイペイ戦で3Pシュート3本を含む17得点を挙げる活躍を見せた金丸選手だ。

 

 

 

「早く代表のバスケットを理解して、僕の色が出せるように」

◆金丸 晃輔

(三河/192cm/30歳)

 

――久しぶりの代表復帰となりました。今回の招集の話はいつごろ来たのですか?

「いつだろう…1か月前くらいですかね。声がかかった時点で、参加することは決めていました。呼ばれない間も、呼ばれたら行きたいという思いはあったので」

 

――今まではケガもあって、なかなか候補に選出されませんでした。

「基本的にケガしていましたね…。今も万全ではなくて、正直ギリギリです。最近、ぎっくり腰になったし、アキレス腱も痛いし。ケアしてトレーニングして準備して、何とか…という感じです。でも、万全ではないですけど、合宿に行くことは決めていました。それは久しぶりに日の丸を背負いたい、という思いがあったからです。今回のアジアカップ予選もそうだし、その先のオリンピックは一生に一度だと思うので。そこへの思いは強いです」

 

――ラマスHCのバスケットはいかがですか?

「ちゃんとシューターを生かしてくれるようなフォーメーションもあるし、やりやすいですね。なるべく全員がボールを触れるようなオフェンスのシステムで、僕にとってはボールを触るチャンスがあるというだけでプラスです。

ただ、ラマスさんに最初に合宿に呼ばれたとき(2017年)、『シュートに行くまでの過程が早い』と言われたんです。僕の中ではタフショットじゃないけどタフショットに見られて、それが理由で恐らく落とされたと思っています。だからこれは(シュートに)行っていいのか、だめなのか、という迷いはありますね」

 

――代表チームの中でのシュートセレクションの対応に苦労しているんですね。

「もう少しパスを回して時間を使って攻めよう、ということだと思うんです。周りにいい選手がいるのだから、無理に攻めるのではなくて、次のチャンス、次のチャンスというふうにボールを回して、できるだけノーマークを作って攻めた方がいいというか。今はそういう代表のバスケを理解することが一番必要だと思っています。試合に出たい気持ちはありますけど、出ても理解していなければ意味がないと思うので。まぁ、時間はないですけどね(苦笑)」

 

――時間もない中で、焦る気持ちもあるのでしょうか。

「まぁ、久しぶりでだいぶ遅れているので…。ふと思ったんですけど、僕、今の合宿のメンバーで年齢が上から2番目なんですよ。びびりました(笑)。長く選ばれない間に、下の世代が増えたなぁと。僕、(代表に選ばれていた2009~2014年)当時は下だったので」

 

――昨年のワールドカップなど代表の試合も見ていたと思いますが、代表での自分の役割についてはどう考えていますか?

「僕の仕事といったらシュートを打つことなので、ワールドカップを見ていてシューターの気持ちはよく分かるんですよ。いろんなプレッシャーがあって、激しくディフェンスされて、あの雰囲気で、あの威圧感で、海外の選手相手にシュートを決めろと言われたら簡単じゃないのは分かっている。でもそこで、そのプレッシャーに打ち勝ってみたいな、という思いはありました」

 

――今後に向けて抱負をお願いします。

「なるべく早く代表のバスケットを理解して、僕の色が出せるようにしたいですね。そしてしっかり爪痕を残してやりたいなと思います」

 

 

(月刊バスケットボール)


  1. hiro より:

    ps
    梶山選手、抜けてました、
    追加しときます。笑

  2. hiro より:

    シューター金丸‼️
    昔で言うなら、後藤、北、折茂選手を
    超える、選手かだと思ってます。

    栃木戦は痺れました。
    ただ、まだ、もらえない時間もあったので、
    そこが、クリアできれば、さらに、点
    とれますよ。
     ここって時に必ず決めてくれる
    心強いシューターです

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください