男子日本代表

男子日本代表

2020/02/26

【男子日本代表インタビュー1】ライアン・ロシター(宇都宮)

 上位12チームに与えられるアジアカップ出場を懸けて、アジア&オセアニア地域の全24か国で争われる「FIBAアジアカップ2021予選(以下アジアカップ予選)」。日本は中国、チャイニーズ・タイペイ、マレーシアと同グループになり、3つのWindowにおいてホーム&アウェイ方式で全6試合を戦うことになった。

 

 2月21日に千葉ポートアリーナで開催予定だったWindow1の中国戦は、新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大防止のため開催が延期。Window1のもう一つの試合、2月24日のチャイニーズ・タイペイ戦は無観客試合による開催となり、日本は96 – 57で快勝した。

 

異例の無観客試合も日本代表が快勝でチャイニーズ・タイペイを下す

 

 ここでは2月19日の合宿で聞いた男子日本代表のインタビューをお届けする。第1弾は、昨年12月に帰化申請が許可され、チャイニーズ・タイペイ戦でスタメンとして日本代表デビューを飾ったライアン・ロシター選手だ。

 

 

 

「すべてにおいてコーチが求めることを遂行する」

◆ライアン・ロシター

(宇都宮/206cm/30歳)

 

――12月に帰化して初の日本代表チームです。

「国の代表というのは初めてですし、ブレックス以外の練習着を着るのは日本で初めてで、すごく新鮮な気持ちです。周りからも似合うと言われたのでうれしいです」

 

――改めて、日本国籍を取得しようと思った時期と理由を教えて下さい。

「そのプロセスは2年前から始まりました。ここ7年間、日本に住んで、1年の90%を日本で過ごしているので、この日本が自分のホームのように感じています。取得を志したのは必然的でした」

 

――日本代表チームに、どのような点で貢献できると思いますか?

「リーダーシップとエナジーレベル。自分が背中でチームのインテンシティレベルを引っ張っていきたいと思っています。日本は世界の強豪に比べたらタレントがいるチームではないですし、僕たちは走らなければいけないので、インテンシティレベルを高くして走りたい。オフコートではリーダーシップをしっかり取って、チームのムードを明るくすると同時に、インテンシティを高く保ちたいです。また、コート上で自分が一番速いわけでもないし、高いわけでもないし、身体能力があるわけでもないので、自分はすべてにおいてコーチが求めることを遂行することにプライドを持っています」

 

――合宿の練習中も積極的に声を出していますね。

「自分はオープンなコミュニケーションがすごく得意だと思っているので、チームメイト同士でコミュニケーションを率先して取るように意識しています。短期間の代表チームなので、なるべくコミュニケーションを取って絆を深めていきたいです」

 

――宇都宮ブレックスと代表チームとの違いは?

「60試合あるBリーグのチームの練習は、ケガなくコンディションを整えなければいけないのでトーンダウンするところもあるのですが、代表チームではみんなそれぞれスポットを狙いに来ていて、インテンシティレベルは高いと思います。それに、ブレックスでも代表チームでも基本的なコンセプト、スペーシングであったり大事にするところであったりは変わらないので、すごくやりやすいです。ただ、同じコールでプレーが全く違うこともあるので、そこはアジャストしていかなければいけないですが、それは時間が解決してくれると思います」

 

――代表チームのミーティングでそれぞれ意見交換をしたそうですが、どのようなことを話したのですか?

「昨年のワールドカップを見て感じたことを伝えました。特にチェコ戦を見ていて思ったのは、僕は外から見ているだけですが、本当に自分たちで勝てると思ってプレーしているのか疑問でした。だからミーティングでは、勝つという自信についてみんなと話をしました」

 

――ラマスHCの指導はどうですか?

「良いです。オフェンスは特に、フレームを与えてその中で自由を与えてくれるので、すごくやりやすいです」

 

――帰化選手の枠は代表チームで1つです。

「ほかの帰化選手がどうプレーするかは、自分がコントロールできることではありません。自分にできること、自分が100%の力を出すことに集中するだけです」

 

――今後、強化していきたい部分は?

「自分の強みである、トランジションのスピードがもっと出せるようにコンディションを整え、ディフェンスのハードさには自信を持っているのでそこをさらに良くしていきたいです」

 

――東京オリンピックの出場も視野に入っていると思いますが、どう考えていますか?

「東京オリンピックは子どもの頃からファンのように見ていた大会で、その出場のチャンスがあると思うと、すごくワクワクしています」

 

――手首に入れている『いまここ』のタトゥーにはどんな思いが込められているのですか?

「相田みつをさんの詩『いまここ』から、今の瞬間を楽しむことが一番大事、ということを思って去年の夏に入れました。いいときも悪いときも今に感謝して生きる、ということです。日本に長く住んでいるので、ひらがながいいなと思ってこの言葉にしました」

 

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください