月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/11/26

Bリーグ開幕から1か月 新戦力のパフォーマンスは?

 4シーズン目に突入したBリーグは選手の移籍も年々増加。特に今夏は活発な動きがあり、リーグを代表する選手たちの移動が目立った。

 

 積極的な補強に動いた川崎ブレイブサンダースとサンロッカーズ渋谷は各地区をリードする存在となっており、補強が功を奏した序盤戦となった。逆に大物狩りに動かず、的確な補強を進めた王者アルバルク東京や、西の大阪エヴェッサも上々の立ち上がり。

 

(SR渋谷の好調を支える石井/左とサイズ/右)

 

 今号では大物選手から仕事人タイプの選手まで、計16選手をピックアップ! 3段階で評価した。

 

(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • かすみ防災アリーナ
  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube

ffd