高校生

高校生

2019/06/10

【関東高校大会2019/女子レビュー】激しい攻防の末、Aブロック優勝は昭和学院(千葉)、準優勝は明星学園(東京)!

 6月8、9日に茨城県の日立市池の川さくらアリーナで『第73回関東高校女子選手権大会』が開催された。全32チームで行われた今大会は、両ブロックともに激しい攻防が繰り広げられる中、Aブロックは昭和学院(千葉)、Bブロックは佼成学園女(東京)が優勝を飾った。

 

 好ゲーム続出となったAブロックを勝ち上がってきたのは、昭和学院と明星学園(東京)だ。

 

 昭和学院は、1回戦で鵠沼(神奈川)を破ると、2回戦では粘る桐生商(群馬)に対し、後半から徐々に点差を広げて106‐67で快勝した。そして準々決勝でも、今年の関東新人で敗れている埼玉栄(埼玉)に後半から#5増田や#8三田らの得点で勢いに乗り、73‐62で勝利。決勝へと駒を進めた。〈続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube