Bリーグ

Bリーグ

2019/04/26

【B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19】QUARTERFINALS PREVIEW vol.1/栃木vs.川崎

 

比江島慎(栃木#6)

 

 Bリーグ初年度のファイナルの再戦となるこのカード。2年前とは両チームとも様相がガラッと変わった中での対戦となるが、クォーターファイナルの4カードの中で最も白熱した展開が期待されるカードであることは間違いない。

 

 シーズンの大半で#0田臥勇太を欠いた栃木だったが、司令塔としてすばらしい活躍を見せた#13渡邉裕規、今や攻防で栃木を背負って立つ存在となった#9遠藤祐亮の活躍もあり、終わってみればリーグ2位(49勝11敗)の勝率を記録。平均81.2得点をたたき出す得点力はもちろん、平均失点が70.9という高いディフェンス力も大きな武器だ。#22ライアン・ロシターと#4ジェフ・ギブスは、川崎の主砲#22ニック・ファジーカスをマンツーマンで抑えることができる数少ない選手で、1月に加入した#6比江島慎はシックスマンとして新たな役割を担い、栃木の切り札となった。彼らの攻防での活躍が勝敗の行方を大きく左右することになるだろう。

 

続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください