月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/01/29

過去3年間の検証を行った2018年度“全国マンツーマンディレクター会議”開催

 JBAでは12月15日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)で、2018年度“全国マンツーマンディレクター会議”を開催した。    2015年度よりマンツーマンの導入推進をスタートし、今回で4回目の全国マンツーマンディレクター会議。会議では山口全中の検証、これまで実施してきた中での課題などを踏まえたうえで、3年間の検証を行い、今後の方向性について報告と意見交換が行われた。    今後の方向性としては、 ①フェアプレー精神を指導者/プレーヤーに浸透させる ②マンツーマン推進事業を継続する ③指導者はマンツーマン推進事業の目的を再認識する ④指導者は基本技術の重要性の理解を深める ⑤指導者は育成年代で学ぶべきゲームモデルの理解を深める ⑥コミッショナーは統一した見解を持つために情報共有を図り、研鑽を積む といった内容が示された。   ※詳しくはJBAホームページへ。 http://www.japanbasketball.jp/training-news/48334   (月刊バスケットボール)
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内