技術&戦術

技術&戦術

2019/02/17

月バスSet Play of the Week(68)バックス

 現在、イースタンカンファレンスで首位を走るミルウォーキー・バックス。エースのヤニス・アデドクンボを筆頭に、新加入したニコラ・ミロティッチなど、サイズがあって3Pシュートを放つことができるプレーヤーが多いのが特徴だ。今回は、その中から相手の意表を突いたセットプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)マルコム・ブログドン ②(SG)エリック・ブレッドソー ③(SF)クリス・ミドルトン ④(PF)アーサン・イリヤソバ ⑤(C)ブルック・ロペス   [A-1]  ③と⑤が左右コーナー、②が左ウイング、①がボールキャリー、④がトレーラーで走ってくるところから始まる。④は右コーナーへそのままカットし、⑤はボールサイドのハイポストにフラッシュし、①からのパスをレシーブ。   [A-2]  ①は⑤とハンドオフの要領でカットするが、ボールレシーブせずにダウンスクリーンをセット。④はそのスクリーンを使わず、バックドアカットのようにゴール下へ。①はすぐに折り返して、⑤からハンドオフパスをレシーブする。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください