高校生

高校生

2018/12/28

【ウインターカップ2018】女子決勝は岐阜女(総体②/岐阜)がインターハイの雪辱を晴らして3年ぶり2回目の優勝

大会ベスト5に選ばれた岐阜女④池田

   ウインターカップ第6日(12月28日)、女子決勝では大阪勢2年連続優勝(昨年は大阪桐蔭)を狙う大阪薫英女学院と、インターハイ準優勝の岐阜女(岐阜)の戦いとなった。    序盤、大阪薫英女学院はオフェンスリバウンドで奮闘するがなかなか得点につながらない。対する岐阜女は⑦ダフェの高さを生かした攻撃とドライブなど、ペイント内で加点し、1Qで26-19とした。    2Qでは薫英がスペースを広く作ってからのドライブやドライブからのジャンプシュートなど内外バランスの良い攻撃を見せる。だが、残り5分を過ぎた辺りからボールが止まり、ターンオーバーに。岐阜女は④池田のドライブが冴え、一時は45-30の15点差を付けた。 続きを読む  

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください