高校生

高校生

2018/12/24

【ウインターカップ2018】桜花学園は“セオリー中のセオリー”を正しい順番で展開して圧勝

   ウインターカップ第2日(12月24日)、女子2回戦で第1シードの王者・桜花学園(総体①/愛知)が登場した。    相手は1回戦を101-80で快勝した熊本国府(熊本)。1試合を戦って勝ち上がってきたチームと、シードで初戦となるチームが対戦する場合、シードチームのエンジンがかからず試合を落とすことがよくある。    インターハイの男子では、第1シードの福岡第一が53-61で実践学園に敗れている。福岡第一は同じ時期に開催されたU18アジア選手権で主力が抜けていたこともあるが、どのチームも“大会(初戦)の入り方”には神経を使う。    桜花はハイローで⑮アマカのポストプレーからスタートし、次はハイポストのディフェンスが下がって⑧岡本のジャンプシュート。そして、インサイドにボールが入ったところをディフェンスに囲まれてキックアウトし、⑥平下の3Pシュート。さらに、今度は平下に対してディフェンスが出てきたので、ドライブからのジャンプシュート…と、ディフェンスの状況に応じたバスケットボールの“セオリー中のセオリー”を正しい順番で展開し、すぐに試合の主導権を握ったのだ。    この展開は、日頃からバスケットボールIQを高める練習を行っている証拠なのだが、スターターで④坂本以外の4人は全て下級生というのは驚きである。    結局、桜花は前半だけで61点を挙げ、107-52で熊本国府に圧勝。まずは初戦を突破した。 続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください