技術&戦術

技術&戦術

2018/12/02

月バスSet Play of the Week(57)ラプターズ

 イースタン・カンファレンスの首位で躍り出たトロント・ラプターズ。ヘッドコーチやトレードでプレーヤーが入れ替わったが、カイル・ラウリーやカワイ・レナードらを中心に好調をキープしているラプターズのハーフコートセットを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)カイル・ラウリー ②(SG)ダニー・グリーン ③(SF)カワイ・レナード ④(PF)パスカル・シアカム ⑤(C)ヨナス・バランチュナス   [A-1]  ④がボールキャリーし、②は左ウイング、①は右ウイング、③はトップ、⑤は広くスペースを取って左のコーナーに位置して始まる。  まず、①はペイントへカットし、④はトップの③へパス。③と②はDHO(ドリブルハンドオフ)して再びボールを④へとバックする。   [A-2]  ①は③にバックスクリーンを仕掛けて、③はボールサイドのミドルポスト(ウイング)周辺で④からのパスをレシーブ。1対1で得点を狙う。  ③に1対1で得点させたいときに使うプレーとなっている。     ※『月刊バスケットボール1月号』では、始まったばかりのNBA 2018-19シーズンからさまざまなチームのプレーを紹介!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事