NBA

NBA

2018/10/01

NBAで2018-19シーズンからショットクロックのリセットなど、一部のルール変更あり!

 NBA理事会は、2018-19シーズンに先立ち、ルール変更について全会一致で承認した。    2018年のNBAプレシーズンより、オフェンスリバウンドが絡む以下の状況になった場合、ショットクロックは従来の24秒ではなく14秒にリセットされてプレーが再開される。また、クリアパスファウル(ファストブレイクなどで相手が確実に得点できる状況でのディフェンス側のファウル)が単純化されるほか、敵対的行為も映像判定の対象に加わる。    各ルールの変更点は以下の通り。   *ショットクロックのリセット  ショットクロックは、以下の状況で14秒にリセットされる。
  • リングに当たって外れたフィールドゴール(FG)、フリースロー(FT)のオフェンスリバウンドを取った場合。
  • リングに当たって外れたFG、FTの際、ディフェンス側のチームにルーズボールファウルがコールされた場合。
  • リングに当たって外れたFG、FTの後、ボールがアウト・オブ・バウンズになり、攻撃側のポゼッションで再開される場合。
   このルールは、Gリーグでは2016-17シーズンから、WNBAでは2016年から、FIBAでは2014-15シーズンから適用されている。また、2018年のNBAサマーリーグでも導入された。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください