技術&戦術

技術&戦術

2018/11/04

月バスSet Play of the Week(53)サンズ

 ドラフト1位のディアンドレ・エイトンがプレーするフェニックス・サンズ。ほかにもトレバー・アリーザやライアン・アンダーソンなども加入し、面白い存在になった。そんなサンズのサイドラインインバウンズを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)アイザイア・キャナン ②(SG)ジョシュ・ジャクソン ③(SF)トレバー・アリーザ ④(PF)ライアン・アンダーソン ⑤(C)ディアンドレ・エイトン   [A-1]  ①・⑤・②がゴール下からトップまで直線に並び、③がボールサイドのウイング近辺に並んでスタート。  ③が右コーナーへカット、次に⑤と②がスタッガードスクリーンをセットし、①がトップへ。④からのボールをレシーブする。②はアフタースクリーンで左コーナーへカット。   [A-2]  ⑤がスクリーンをセットし、インバウンズをした④がウイングからウイングへアイバーソンカット。⑤は④が通ったと同時に①へボールスクリーンを仕掛け、ピック&ロールの形に。①はシュートを狙いながら、④のディフェンスが⑤のダイブを警戒したことを見逃さずにキックアウト。④は3Pシュートを放つ。    インサイドで威力を発揮している⑤(エイトン)にディフェンスが引き付けられたことがポイントだ。     (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください