技術&戦術

技術&戦術

2018/10/28

月バスSet Play of the Week(52)ウォリアーズ

 ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ユタ・ジャズ(@ビビント・スマートホーム・アリーナ)の試合から、4Q残り6秒からのサイドラインインバウンズでティップインして逆転したプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)ステフィン・カリー ②(SG)クレイ・トンプソン ③(SF)ケビン・デュラント ④(PF)ヨナス・ジェレブコ ⑤(C)ドレイモンド・グリーン   [A-1]  スペースの広いボックスセットの変形。④がインバウンズ、②が左コーナー、③と①が2ガードトップ辺り、⑤が右のミドルポストでスタート。  ③は⑤のスクリーン、②は①のスクリーンを使ってそれぞれカット。③の動きを合図にプレーが始まる。   [A-2]  右コーナーの③がボールをレシーブして1対1。⑤はトップへ、④はペイント内へカットし、③がプルアップジャンプシュートを放った。シュートは外れたが、ペイント内にカットした④がティップインでボールを押し込んでウォリアーズは逆転勝ち。     (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください