NBA

NBA

2018/09/10

フランス出身のボリス・ディアウ(元スパーズほか)が現役引退を表明

 2014年のサンアントニオ・スパーズの優勝に貢献したボリス・ディアウが、現役引退を表明した。    1982年生まれで36歳のディアウは、同じフランス出身のロニー・トュリアフ(元レイカーズほか)とトニー・パーカー(ホーネッツ)と船上で話している動画をTwitterに投稿し、2人に引退の意思を伝えた。    2016-17シーズンにユタ・ジャズでプレーして以降、ディアウはNBAでプレーせず。昨夏にジャズから解雇された後は、フランスリーグのルヴァロワ・メトロポリタンズと契約していた。    203cmながらパスセンスと広いコートビジョンでガード的なプレーもできたディアウ。13年にはヨーロッパ選手権優勝、また12年ロンドンと16年リオデジャネイロ・オリンピックにもフランス代表として出場している。   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください