技術&戦術

技術&戦術

2018/10/21

月バスSet Play of the Week(51)ウォリアーズ

 ついに2018-19シーズンが開幕した。まずは、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティ・サンダーの開幕戦から、ジャンプボール後のシーズン最初のオフェンスを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)ステフィン・カリー ②(SG)クレイ・トンプソン ③(SF)ケビン・デュラント ④(PF)ドレイモンド・グリーン ⑤(C)デイミアン・ジョーンズ   [A-1]  ①が中央をボールキャリー、②は左コーナー、④は右ウイング、⑤は右ローポスト、③はジャンプボールの流れのまま、ダウンスクリーンのため⑤へ向かう。⑤はトップ方向へ。   [A-2]  ⑤が①にボールスクリーンを仕掛けるフェイクで、⑤は②へダウンスクリーン。そのタイミングに合わせて④も③にダウンスクリーンをセットする。①は少しカールしながらカットしてきた②へパス。②はディフェンスを見て、アフタースクリーンの⑤へロブパスを出した(結果はパスミスでターンオーバー)。     (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube