NBA

NBA

2018/09/07

ロケッツがサンズとのトレードを発表! サンズがライアン・アンダーソンらを獲得

 NBA.comによると、8月31日(日本時間9月1日)、ヒューストン・ロケッツはフェニックス・サンズとのトレードが成立したことを発表した。    今回のトレードでは、ライアン・アンダーソンとディアンソニー・メルトンと交換で、サンズからブランドン・ナイトとマーキーズ・クリスを獲得している。    2011年のドラフト1巡目8位でデトロイト・ピストンズから指名されたナイトは、13-16シーズンに平均18.0得点、5.0アシスト、3.0リバウンド、1.00スティール以上を記録した11プレーヤーの一人。ロケッツでチームメイトになるジェームズ・ハーデンとクリス・ポールも同じ期間中に同様のスタッツを残した。    また、16年のドラフト1巡目8位でサクラメント・キングスから指名されたクリスは、その後サンズにトレード。2016-17シーズンには全82試合に出場し、NBAオールルーキー・セカンドチームに選出された。サンズでの2シーズンで平均8.5得点、4.8リバウンドを記録したクリスは、2年目の2月1日までに通算1,300得点、700リバウンド、100ブロック、100スティール、3Pシュート成功数100本に到達。    クリス以外に同様のスタッツを2年目に、しかも21歳未満で達成したプレーヤーは、ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)とレブロン・ジェームズ(ロサンジェルス・レイカーズ)しかいない。   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください