技術&戦術

技術&戦術

2018/10/14

月バスSet Play of the Week(50)グリズリーズ

 プレシーズンゲームで渡邊雄太がプレーするメンフィス・グリズリーズ。インディアナ・ペイサーズとの一戦では、4Q残り13.2秒、91-94の3点差の場面で同点3Pシュートを決めるビッグプレー。そのサイドラインインバウンズを解説しよう。   【ラインナップ】 ①(PG)ブランドン・グッドウィン ②(SG)マーケル・クロフォード ③(SF)ジェボン・カーター ④(PF)渡邉雄太 ⑤(C)アイバン・ラブ   [A-1]  インバウンズを②、ボールサイドのローポストに、エルボーに①、ヘルプサイドのエルボーに⑤、コーナーに③というエントリー。  ①はボールレシーブのフェイクから④(渡邊)にダウンスクリーンはトップ付近でボールをレシーブする。①はコーナーへ。   [A-2]  とインバウンダーの②でハンドオフ。さらに⑤がボールスクリーンを②に仕掛け、右ウイングへ。さらに、⑤がへスクリーンをセットし、は右のトップ方向へカットし、②からのパスをレシーブ。はそのまま3Pシュートを決め、オーバータイムへと突入した(最終的にグリズリーズの勝利)。     (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください