技術&戦術

技術&戦術

2018/07/08

月バスSet Play of the Week(35)レイカーズ

 NBAサマーリーグのロサンゼルス・レイカーズ対サクラメント・キングス戦から、レブロン・ジェームズが移籍して話題のレイカーズのサイドラインインバウンズプレーを解説しよう。あくまでサマーリーグ用のプレーで、レブロンにフィットさせるためのプレーはまだまだ出てこない。   【ラインナップ】 ①ジョシュ・ハート ②ザビエル・ラタン・メイズ ③ニック・キング ④シヴィアトスラフ・ミキャリック ⑤モリツ・ワグナー   [A-1]  ①がインバウンダー、⑤と④がハイポスト、②がボールサイドの2ガードトップ、③がウィークサイドのコーナーからこのプレーは始まる。  ⑤のバックスクリーンで②がゴール下方向へカット。⑤は②がカットしたらすぐにステップアウトして①からボールをレシーブする。   [A-2]  ④がポップアウトで⑤からのパスをレシーブするタイミングに合わせて、②がバックスクリーンをセット。①はそのスクリーンを使ってペイント内へカットし、シュートを狙う。  このプレーは①のシュートで終わっているが、そのまま⑤がダウンスクリーンし、②がトップでボールをレシーブしていくと、連続性のある“フレックス”になる。中高生でも簡単に使うことができるオススメのプレーだ。      月刊バスケットボール8月号(6月25日発売)の“NBAセットプレー図鑑”では、ゴールデンステイト・ウォリアーズのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください