NBA

NBA

2018/07/05

ロサンゼルスという“地の利”を生かし、レイカーズは何人ものビッグネームをチームへ連れてきた過去がある!

 NBAチャンピオン16回、ファイナル進出31回の名門であるロサンゼル・レイカーズ。だが、2010年以降、ファイナルへの進出はなく、当然チャンピオンからも遠ざかっている。さらに、プレーオフからも5シーズン連続で出場していない。    レイカーズの歴史をひも解くと、名誉あるチームの永久欠番は全部で「11」。その中の一人、ウィルト・チェンバレン(1971-72シーズン優勝)は前シーズンMVPにもかかわらず、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからトレードされてレイカーズへやってきた。    あのカリーム・アブドゥル=ジャバー(79-80、81-82、84-85シーズン優勝)もミルウォーキー・バックスから、コービ・ブライアント(99-2000、00-01、01-02シーズン優勝)はシャーロット・ホーネッツにドラフトされながらもすぐにトレードでレイカーズ入り。さらに、シャキール・オニール(99-2000、00-01、01-02シーズン優勝)はフリーエージェントでレイカーゴールド&ロイヤルパープルのジャージーを身にまとうことになった。    現在、レイカーズのCEOを務めるマジック・ジョンソン(79-80、81-82、84-85、86-87、87-88シーズン優勝)は生え抜きのプレーヤーだが、ドラフト当時のオーナーが離婚の慰謝料を支払うことができていれば指名していなかった(新オーナーは指名を条件にチームを買い取ることを約束)。これも結果的にビッグネームとなったプレーヤーをチーム入りさせたいがための方策の一つと考えていい。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください