高校生

高校生

2018/06/18

高校ブロック大会まとめ④ 東海、北信越、四国、九州の各ブロックでは…

 6月16、17日に東海(パークアリーナ小牧@愛知)、北信越(県総合体育センターほか@富山)、四国(大塚スポーツパークアミノバリューホール@徳島)、九州(大村市体育文化センター@長崎)で各ブロック大会が行われた。    北信越の男子は開志国際(新潟)が延長で東海大付諏訪(長野)を下し、女子は津幡(石川)が開志国際を2点差で振り切り、それぞれ優勝した。    東海は今年の“東海インターハイ”で女子会場となるパークアリーナ小牧で行われた。優勝は男子が中部大第一、女子は安城学園とともに愛知県勢が優勝。地元インターハイに向けて波に乗りたいところ。    また、四国は男子が接戦を制した新田、女子は聖カタリナ学園が地力の差を見せ付け快勝。ともに愛媛県代表が制した。    そして、九州の決勝は男子が福岡県大会決勝と同一カードの福岡第一対福岡大附大濠で、女子も精華女対東海大付福岡と全て福岡県勢。結果は県と同じく福岡第一と精華女が頂点に立った。   各ブロック勝ち上がり(ベスト4)   『月バス.COM』では今後もブロック大会の結果を分かり次第、掲載予定。 *北海道ブロック…6月24~25日(北海道) *東北ブロック…6月24~25日(岩手県) *近畿ブロック…6月24~25日(和歌山県)   ※詳しくは7月25日発売、月刊バスケットボール9月号に掲載予定 (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください