月バスTOPICS

月バスTOPICS

2018/06/15

【スペシャルインタビュー】 SIAM SHADE 栄喜さん

   ゴールデンステイト・ウォリアーズが4連勝のスウィープでクリーブランド・キャバリアーズを下した今季のNBAファイナル。その第4戦のWOWOW放映で、ゲスト出演したのがミュージシャンの栄喜(SIAM SHADE)さん。NBAのシーズンが終了して“NBAロス”に陥った栄喜さんに、ファイナルの振り返りや、敗れたキャバリアーズのレブロン・ジェームズの偉大さなどについてお話を聞きました。   「まだまだ衰え知れずのレブロン(33歳)は、今後もやりますよ。なぜなら彼はキングですから」   ――第4戦を振り返っていかがですか? 栄喜 (キャバリアーズは)外角からのシュートに対してノーマークを作り過ぎました。ウォリアーズはシュートを打てば入るけど、キャバリアーズは入らない。その差が大きかったと思います。それと、ディフェンス面でスイッチがうまくいっていなかったと思います。キャバリアーズファンからしてみれば、コテンパンにやられた感じでした。(ボストン・セルティックスに移籍した)カイリー・アービングがいれば、レブロン・ジェームズをサポートできたかな。(レブロン以外に)もう1人いれば違っていたかなと思います。   ――ウォリアーズはスウィープでファイナル連覇を達成しました。ウォリアーズにあってキャバリアーズになかったものは何だと思いますか? 栄喜 決定力ですかね。レブロンはずば抜けてあるけど、ウォリアーズからしてみればレブロン1人を止めれば何とかなるから、守りやすかったのかな。   ――ファイナルMVPはケビン・デュラント(KD)が2年連続で受賞しました。栄喜さんの目から見てKDはいかがでしたか? 栄喜 数字で見るとすごいですよね。(MVPは)ステフィン・カリーかなと思っていました。カリーは元々華があってスーパースターだから派手に見えるけど、ファイナル4戦全ての個人スタッツでみると、KDは素晴らしかったですね。数字に表れないディフェンスでも貢献していました。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 月バスカップ2020-u15
  • macdavid
  • 3x3プロチーム「BEEFMAN.EXE」が選んだ マクダビッドサポーターの必然性
  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • sony-seimei

月刊バスケットボール YouTube