NBA

NBA

2018/06/14

“NBAプレーオフ2018”タフショット(3Pシュート)ランキングのトップは予想どおり…。

①ケビン・デュラント(ウォリアーズ)20本〔20-64/31.3%〕 ②ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)19本〔19-71/26.8%〕 ③ステフィン・カリー(ウォリアーズ)11本〔11-26/42.3%〕 ④ジェラルド・グリーン(キャブズ)10本〔10-24/41.7%〕 ⑤クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)9本〔9-38/23.7%〕 ⑥ジェイレン・ブラウン(セルティックス)8本〔8-19/42.1%〕 ⑦JR・スミス(キャブズ)8本〔8-27/29.6%〕 ⑧CJ・マイルズ(ブレイザーズ)7本〔7-16/43.8%〕 ⑧クリス・ポール(ロケッツ)7本〔7-16/43.8%〕 ⑩テリー・ロジアー(セルティックス)6本〔6-22/27.3%〕    以上がランキングベスト10。当然、合計本数のため上位には勝ち上がったチームのプレーヤーが多くなった。ファイナルMVPを獲得したデュラントは20本ものタフな3Pシュートを決めたのである。また、ウォリアーズのカリーとトンプソンも上位にランクインし、ベスト5に3人がチャンピオンチームからとなった。    ちなみに、ファイナルに出場したキャブズのレブロン・ジェームズは12位、カイル・コーバーは13位、ケビン・ラブは39位〔1-9〕で、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは32位〔2-4〕、アンドレ・イグダーラは47位〔1-1〕。    これらのスタッツはNBA.comのStatsで“Players”“Shot Dashboard”“Closest Defender”の項目で見ることができる。   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください