NBA

NBA

2018/06/14

“NBAプレーオフ2018”タフショット(3Pシュート)ランキングのトップは予想どおり…。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズが2連覇して幕を閉じたNBA2018-19シーズンだったが、“NBAプレーオフ2018”で面白いスタッツを探し出した。    以前の記事にも解説したが、NBAのスタッツでは、 ★6フィート(約1.8m)以上のワイドオープン ★4~6フィート(約1.2~1.8m)のオープン ★2~4フィート(約0.6~1.2m)のタイト ★0~2フィート(約0~0.6m)のベリータイト  という4つの距離で集計している。    この中で、“ベリータイト”はプレーヤーの判断でシュートを放つことが非常に少ないため、次にディフェンスとの距離が近い“タイト”で調査。ペイント内の攻防ではディフェンスと接近してシュートすることが多いので、ここでは3Pシュートに焦点を当ててみた。    ディフェンスから60cm~1.2mの距離は、身長2mが当たり前のNBAでは相当なタフショットだ。ウイングスパンも当然2mを超えてくるため、ディフェンスとの距離は片手1本前後と予測される。果たして、“NBAプレーオフ2018”で最も多くタイトな3Pシュートを決めたのは…。 ※〔〕内は決めた本数、放った本数、確率の順 〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください