高校生

高校生

2018/07/27

【インターハイ2018展望/男子編】タフさが求められる今大会。混戦を制するのはどこだ?

クベマジョセフ・スティーブ(福岡第一/2年)

     第1シードに入ったのは、九州大会を圧倒的な強さで優勝した福岡第一(福岡県①)。春先から数々の交歓大会を制し、新チームの発足から九州大会まで半年間無敗という優勝候補の筆頭だ。ただ今大会は、主軸の㉔松崎裕樹(3年)と⑧河村勇輝(2年)が、同時期に開催されるFIBA U18アジア選手権への出場で欠場となる可能性が高い。2人の穴をカバーしながらの、よりタフな戦いが求められるだろう。〈続きを読む  
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021