NBA

NBA

2018/06/12

ウォリアーズは4連覇狙い? 2018-19シーズン、19-20シーズンもチャンピオンになりたい理由がある!

“NBAファイナル2018”はゴールデンステイト・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズをスウィープ(4勝0敗)してチャンピオンになった。    ウォリアーズは主力やベテランの活躍で連覇を果たしたが、若手の成長を忘れてはならない。ケボン・ルーニー(2年目)やジョーダン・ベル(ルーキー)などだ。パトリック・マコー(2年目)は故障で思うような働きができなかったが、ステフィン・カリー欠場の穴を埋めたクイン・クック(2年目)も株を上げ、2ウェイではなく2年契約にこぎつけた(プレーオフは2ウェイでは出場できない)。    特に、ルーニーやベルはファイナルでも奮闘し、チームに大きく貢献した。ウォリアーズは若手の育成に力を注いだことは間違いないだろう。それには以下のような理由が推測される。    ウォリアーズのホームコートである“オラクル・アリーナ”は1966年に建てられた。“オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム・アリーナ”“アリーナ・イン・オークランド”“オークランド・アリーナ”と何度も名称を変更し、06年にオラクルが命名権を取得し、現在に至っている。    そして、2019-20シーズンからは、サンフランシスコに建設中の新ホームアリーナ“チェイス・センター”を使用する予定なのだ。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください