Wリーグ

Wリーグ

2018/06/11

元女子日本代表・大神雄子がトヨタ自動車のディベロップメントコーチに就任

 2018年3月末で現役を引退した大神雄子(トヨタ自動車)が、6月1日付けで所属チームのディベロップメントコーチに就任した。    2018年シーズンは、コーチングの勉強を中心に若手育成のため、今までのキャリアを生かしたチームのフィジカルやメンタル両面を支える役割を担う。   「“Development”という英語の意味は、『発展』『発達』や『進展』『進歩』など、『未来』につながる言葉だと私は思っています。  自分自身が今後のバスケットボールの発展にしっかりと向かい、また自身の進歩をとげるためにあらゆることに挑戦することで、トヨタ自動車の選手に伝えられることがあるのではないか? そして、ともに開拓し、成長していきたいと思っております。決して容易なことではないと思いますが、まずは『やってみること』から始めてみたいと思います。そのためには、『想い』そして『気合い』が必要で、一生懸命という言葉に尽きると思います! 常にMAXで向かっていきたいと思いますので、皆様の今後とも変わらぬご声援、そしてご指導のほどよろしくお願いいたします」(大神)   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください