NBA

NBA

2018/07/11

NBAサマーリーグでは個人のスキルだけでなく、さまざまな対応力が問われる

 NBAサマーリーグは、契約しているプレーヤーはコンディションを整え、未契約のプレーヤーはアピールの場。今年は初めてラスベガスに全30チームが集結した。    サマーリーグでは個人のスキルだけでなく、チームオフェンスやディフェンス、NBAルールへの対応力も問われる。当然、さまざまなセットプレーやディフェンスにおけるルールなどがチームによって決まっているのだが、単純明快なものが多い。    そんな中、ユタ・ジャズvs.マイアミ・ヒート戦を見ていると、ゲーム中にふと「?」という違和感があった。3Q残り9分28秒、ヒートが49-47でリードしている場面でジャズのサイドラインインバウンズ。このとき、ディフェンスであるヒートのプレーヤーが手を挙げて何やらコールした。つまり、ヒートはこの状況でディフェンスを変えたのである。    ジャズはレシーブできるプレーヤーへとパス。ヒートのディフェンスをよく見ると、2-3ゾーン。レシーブしたプレーヤーがスキップパスをして、はっきりと分かった。NBAでゾーンディフェンスは別に珍しいわけではない。ディフェンシブ3秒にならなければゾーンをしてもOKだ。    ヒートはサマーリーグ中、レギュラーシーズンのようなセットプレーを多用していたことを考えると、このようなディフェンスの仕掛けを見えることは不思議ではないのだが、見ている側が気を抜いていたせいか、急に目が覚めた感じだった。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください