技術&戦術

技術&戦術

2018/06/10

月バスSet Play of the Week(31)ウォリアーズ

 6月3日(日本時間4日)に行われたクリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@オラクル・アリーナ)で行われたNBAファイナル第2戦から、ウォリアーズのオープニングプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①ステフィン・カリー(PG) ②クレイ・トンプソン(SG) ③ケビン・デュラント(SF) ④ドレイモンド・グリーン(PF) ⑤ジャベール・マギー(C)   [A-1]  ジャンプボールで攻撃権を手に入れたウォリアーズは、最初のプレーが間違いなく決まっていた。①がボールキャリーし、③と②が両コーナー、⑤が右ウイング、④がようやくハーフコートに入ってきた状況。  ⑤が①にハイピックを仕掛けるのだが、X1とX5はスイッチしたものの中途半端なプレッシャーになった。X1が⑤のダイブを見失いそうになる一瞬を①は見逃さずアシストパス。ウォリアーズが先制点を挙げた。    ウォリアーズはキャブズのディフェンスがスイッチすることを予測し、⑤はセットスクリーンせず、弧を描くようにゴール方向へカット。右サイドでは④が②へダウンスクリーンに行く準備をしていたのだが、それを使う間もなく得点している。      月刊バスケットボール7月号(5月25日発売)の“NBAセットプレー図鑑”では、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内