NBA

NBA

2018/06/08

“NBAファイナル2018”レブロン×カリーは、2人合わせて総額179億円の豪華マッチアップ!

 世界有数の経済誌『フォーブス』は6月5日、最新の“世界で最も稼ぐスポーツ選手”のランキングを発表した。    昨年6月1日からの1年間の収入が最も多かったのは、前回ランク外だった元プロボクサーのフロイド・メイウェザー(2億8,500万ドル、約314億円/1ドル=110円で換算)だった。    最新のランキングに入った100人中の最多は「NBAプレーヤー・アメリカ人」で、年収の総額は約38億ドル。これは昨年から23%増となった。11の競技で活躍するプレーヤーの名前が並び、このうちNBAプレーヤーが最も多くを占めている(40人)。以下、NFL18人、MLB14人などとなった。    また、100人の選手たちの出身国の数は「22」で、最も多かったのは66人がランク入りしたアメリカ。主要なスポーツリーグでプレーする選手の年俸が飛び抜けて高額に上っており、それが影響している。    ちなみに、100位以内に日本人はテニスの錦織圭が3,460万ドル(約38億600万円)で35位、メジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大が2,310万ドル(約25億4,100万円)で95位の2人のみ。    ランキングでベスト20に入ったNBAプレーヤーは以下の5人だった。〈続きを読む
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • WINTERCUP2021×JSPORTS-pc
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内