技術&戦術

技術&戦術

2018/05/20

月バスSet Play of the Week(28)ロケッツ

[A-3]  ③はアフタースクリーンですぐに⑤のフレアスクリーンを使って右ウイングへ。ワイドオープンであれば①がパスして3Pシュートを狙う。   実際、ディフェンスはX3とX1がスイッチし、さらにX5がフリースローライン中心辺りで待っているため、①には誰もマッチアップしていない状況になった。そして、①(ハーデン)はそのまま3Pシュートを決めた。      月刊バスケットボール6月号(4月25日発売)の“NBAセットプレー図鑑”では、ボストン・セルティックスのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube