技術&戦術

技術&戦術

2018/05/20

月バスSet Play of the Week(28)ロケッツ

 5月14日(日本時間15日)に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツ(@トヨタ・センター)のプレーオフカンファレンスファイナル第1戦から、ロケッツのオープニングプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①ジェームズ・ハーデン(PG) ②クリス・ポール(SG) ③トレバー・アリーザ(SF) ④P.J.タッカー(PF) ⑤クリント・カペラ(C)   [A-1]  ジャンプボールからそのままエントリー。④と③が両コーナー、⑤が右エルボー、②は右サイドを走っている状態でプレーが始まる。②がコーナーへカットし(ダウンスクリーンの場合もある)、⑤が③へダウンスクリーン。③はトップ方向へカットする。①はボールキャリーしてくる。   [A-2]  ③は①の前を横切って、左サイドからスクリーンをセット。アフタースクリーンで⑤が右からボールスクリーンをセットし、①を左右から挟むような形になる。①は③のスクリーンを使って左方向へドリブル。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube