高校生

高校生

2018/05/05

【能代カップ2018】現地レポート5/5「中部大第一の予期せぬ化学反応」

 大会最終日を迎えた能代カップ。第3試合、中部大第一がホストチームの能代工を96-72で下し、その瞬間に全勝優勝が決まった。2年連続2回目の出場にして、初の偉業である。    中部大第一は大会初日に洛南を下し、2日目は市船橋と明成、そして3日目は福岡大附大濠、能代工といった名だたる強豪を次々と撃破。「1試合ずつチームの調子が良くなっていきました。特に普段から追求してきたディフェンスに関しては、ある程度は合格点を与えられると思います」と、常田コーチは3日間を振り返る。  

昨年より外角シュートが安定し、速攻でも得点を重ねた⑥青木

   中でも転機となったのが、「初戦を勝つか落とすかで、その後の戦い方も変わってくると思っていました」と、照準を当てていた初日の洛南戦だ。    この試合、序盤が硬かった中部大第一は、ベンチメンバーの活躍で何とか逆転勝利を収める内容だった。勝利したもののチーム状況はあまり良くなく、その日の夜、常田コーチはフラストレーションを抱えた留学生たちと、長い時間話し合ったと言う。そうして、彼らの意見も取り入れながら改めて自分たちのバスケットを見直し、翌日スターターのオーダーを変更。具体的には、これまで基本的にセットで起用してきた⑧ブバカーと⑦小澤、⑮バトゥマニと⑫深田という組み合わせをシャッフルし、試合で試してみた。    するとこれが、予期せぬ化学反応を起こした。スターターのサイズを落とすことになったが、その分、機動力が高まり、ディフェンスからブレイクの形でリズムよく得点を重ねられるように。そしてベンチから出る選手たちもその流れを崩さず、それぞれの持ち味を発揮したのだ。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください