技術&戦術

技術&戦術

2018/05/06

月バスSet Play of the Week(26)キャバリアーズ

 4月30日(現地時間)に行われたインディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズ(@クイックン・ローンズ・アリーナ)のプレーオフ1回戦第7戦。キャブズは4Q残り50.1秒(100-96)、サイドラインインバウンズから“技あり”の1本を決め、シリーズの勝利を決定付けた。そんな渋いプレーを解説しよう。   【ラインナップ】 ①ジョージ・ヒル(PG) ②J.R.スミス(SG) ③カイル・コーバー(SF) ④レブロン・ジェームズ(PF) ⑤ケビン・ラブ(C)   [A-1]  ②がインバウンダー、⑤はウィークサイドのコーナーで、残り3人は全てボールサイド(トップとコーナー付近)にエントリー。④(レブロン)がVカットでボールをレシーブし、③と①がインターチェンジ。レブロンは残り50.1秒からしばらく静止している。   [A-2]  ショットクロック残り9秒には③が④へボールスクリーン(NBAで最近よく見かける“スライド”。ピックインポップと類似)。④はドリブルしてディフェンスを引き付ける。広いスペースのため、ディフェンスはアイソレーションを警戒しているため、④は③へパスバック。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事