月バスTOPICS

月バスTOPICS

2018/05/02

【スペシャルインタビュー】 おのののかさん

 WOWOW NBAバスケットボールのスーパーサタデーLIVE!プレーオフ西1回戦「サンダーvsジャズ第6戦」に、おのののかさんがゲスト生出演。番組終了後、大熱戦となったこの試合の感想や、プレーオフ東西の展望についてお話を伺いました。(取材日:4月28日)     「好きな選手はヒゲのないカリー! 今回のプレーオフはロケッツを応援します!!」   ――ジャズが96‐91でサンダーを振り切り、西の準決勝進出を決めました。試合全体を通して、いかがでしたか? おの NBAのプレーオフは楽しいですね。そして1つ1つの真剣勝負のプレーがスゴかった。かなり集中していたので、見ていて疲れました(笑)。本当に面白かったです。こういう試合を毎回見たいですね。やっぱり、プレーオフは独特の雰囲気ですね。両チームとも最初はスローなスタートでしたけど、アリーナの雰囲気がガラッと変わるほど、すぐ白熱しました。   ――4Qの最後、サンダーは追いつけませんでしたが、接戦でしたね。 おの ジャズは1Qすぐに調子の良いリッキー・ルビオがケガでいなくなって…。『大丈夫かな』と心配しました。でもドノバン・ミッチェルが終始活躍していたので、ジャズのホームアリーナは盛り上がっていましたよね。そして彼が5ファウルでベンチに下がった時間に、(点差を広げられた)『サンダーが巻き返すかな』と思ったんですけど、できなかった…。それでも最後、あと3点というところで『やっぱりサンダーが来るか?』と思ったのですが、大事なところでシュートが入りませんでした。   ――この試合で印象に残った選手はいますか? おの やっぱり、ミッチェルですね。凄さは知っていましたが、ミッチェルのドライブと技術は、声を出して笑っていました。「何よあれ!」「あれが入るの?」「あの角度で?」って(笑)。どの角度からでもシュートを打って、もはや芸術でしたね。新人選手には全然見えないです(笑)。   ――気になったプレーシーンはありますか? おの ディフェンスの強いポール・ジョージにマークされながらも、左から強烈なドライブを仕掛けてスピードでかわして、しかも角度のほとんどないところからレイアップを決めたプレーです。『ポール・ジョージでも止められないのか』って思いました。   ――新しいスターの誕生ですね。 おの はい! そう感じました。でも、NBAアナリストの佐々木クリスさんが、ジャズはミッチェルがドライブしやすいように他の周りの選手が見えないところで動いていると解説してくれました。ミッチェルが目立っているのは理由があって、影で支えているチームメイトもいるんだなと。ジャズは1人だけでなく、チームで戦っている印象を受けました。<続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください