技術&戦術

技術&戦術

2018/04/29

月バスSet Play of the Week(24)ジャズ

 4月24日(現地時間)に行われたオクラホマシティ・サンダー対ユタ・ジャズ(@ビビント・スマート・ホーム・アリーナ)のプレーオフ1回戦。ジャズのサイドラインインバウンズから、最近流行っているピック&ロールを解説しよう。新人王候補の一人、ジャズのドノバン・ミッチェルはこの試合で33得点をたたき出した。   【ラインナップ】 ①リッキー・ルビオ(PG) ②ドノバン・ミッチェル(SG) ③ジョー・イングルズ(SF) ④デリック・フェイバーズ(PF) ⑤ルディ・ゴベア(C)   [A-1]  ⑤と②が両エルボー、④がトップ、③がゴール下付近、①がインバウンダー。③は⑤を使ってループカットし、同時に④が②へダウンスクリーンを仕掛け、②がトップでボールをレシーブする。①はコーナーへ。   [A-2]  ⑤は③がループした後、すぐにトップの②へピックスクリーンをセット(右側サイド)。②はドライブを狙う。 〈続きを読む
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内