NBA

NBA

2018/05/29

【速報】カリーが後半5本の3Pシュートを沈めてNBAファイナルへの切符を手に入れる!

 5月28日(日本時間29日)に行われたウェスタン・カンファレンスファイナル第7戦。    第6戦と同様、先手を取ったロケッツだったが(前半54-43)、ステフィン・カリーが後半だけで5本の3Pシュートを決め(27得点)、3Qで突き放した。最終的にウォリアーズが101-92で激戦だったシリーズに終止符を打った。    今シーズン、『ウォリアーズは3Qに強い』と言われてきたが、土壇場のゲームでも本領を発揮できたところに勝機があった。ケビン・デュラントも34得点中、21得点を後半に挙げ、カリーと合わせて2人で40得点をたたき出している(後半58-38)。    ロケッツはクリス・ポールの欠場が痛い。得点面だけでなく、ゲームコントロールの部分ではマイナスがあったはず。フォワードのトレバー・アリーザは0得点だった。    ウォリアーズもカリー不在時にはガードを任されたオールラウンダーのアンドレ・イグダーラが故障で不在。しかし、レギュラーシーズンでは出場機会が少なかったケボン・ルーニーやジョーダン・ベルらの若いプレーヤーが何とかつないだことが大きい。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください