NBA

NBA

2018/04/16

“NBA史上最年少のトリプルダブル”を達成したシクサーズのマーケル・フルツ

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドラフト1位ルーキー、マーケル・フルツが、レギュラーシーズン最終戦でトリプルダブルを達成した。    4月11日(現地時間)の対ミルウォーキー・バックス戦で13得点、10アシスト、10リバウンドを挙げ、初のトリプルダブルを記録。この結果、19歳と317日のフルツが、それまでの最年少記録を持っていたロンゾ・ボール(ロサンゼルス・レイカーズ)を63日上回り、NBA史上最年少のトリプルダブル達成者となった。    肩の故障で大きく出遅れ、今シーズン68試合を欠場したフルツは、3月26日に復帰して以降、1試合平均17.7分間の出場で平均7.6得点、4.6アシスト、3.4リバウンドを記録し、ドラフト1位の実力を見せ始めていた。   *過去の最年少トリプルダブル達成記録 ①マーケル・フルツ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)…19歳317日 ②ロンゾ・ボール(ロサンゼルス・レイカーズ)20歳15日 ③レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)… 20歳20日 ④デニス・スミスJr.(ダラス・マーベリックス)… 20歳34日 ⑤ラマー・オドム(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)… 20歳65日 ⑥ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)… 20歳65日 ⑦マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)… 20歳75日   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください