高校生

高校生

2018/06/16

【短期連載】市船橋高USネブラスカ州文武両道合宿記⑤ ~心を籠めて~

 市船橋高(男子)バスケットボール部が3月15~24日まで、アメリカ・ネブラスカ州へ“アメリカ文武両道短期合宿”に参加した。その模様を全8回にわたって、近藤義行氏(元市船橋高監督/現千葉県少年男子監督)が『心を籠めて』お送りする。   ★第5日目 (つづき)  午前中はオマハ市の隣にある州都のリンカーン市へバスで1時間くらいかけて行き、崎重工の工場見学をしました。膨大な敷地の中にある大きな工場でした。10人ずつ3グループに分けて案内をしていただきました。      工場内はオフロード用バギー(水上バイク含む)、電車、飛行機の部品の3部門に分かれていました。毎日250台のバギーを作っていて、それが全て売れるらしいです。また、電車はニューヨークを走っている地下鉄の電車を作っていました。      次に同じリンカーン市にあるネブラスカ州会議事堂を見学しました。歴史あるとても古い建物です。      午後からは、hudlというスポーツの情報分析を行う会社を見学しました。その会社にゲームのビデオを送り、細かな内容の分析をしてもらう会社です。7年前にネブラスカ州大オマハ校の学生が立ち上げた会社ですが、今では世界進出をしています。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください