NBA

NBA

2018/05/25

“ドリブルの回数からシュート” “ディフェンスとの距離別シュート率”などから見るNBAスタッツの細かさ

 先日はNBAの細かいスタッツの面白さで、プレーの種類別の平均得点を紹介したが、今回はさらに細かい部分まで踏み込んでみたい(※アイキャッチはNBA.comのスクリーンショット)。   “ピック&ロール”でボールハンドラーがどのぐらい得点しているのか、などはチームオフェンス(ヘッドコーチの考え方)による部分が大きいが、詳細なプレーはプレーヤー個人の特徴が大きく表現されている。   【ドライブ】 ※平均回数 ②ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)21.3 ⑥レブロン・ジェームズ(キャブズ)16.4 ⑧クリス・ポール(ロケッツ)14.5 ⑯ジェイソン・テイタム(セルティックス)10.7    これもイメージと合致している。ハーデンやポール、レブロンなどは確かにドライブの回数が多い。ハーデンとポールを合計すると、ロケッツは1試合平均で約36回もドライブしていることが分かる。   【キャッチ&シュート】 ※平均得点 ①クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)10.3 ⑤カイル・コーバー(キャブズ)7.3 ⑦ジェイレン・ブラウン(セルティックス)6.8 ⑫ステフィン・カリー(ウォリアーズ)6.1 ⑬P.J.タッカー(ロケッツ)6.0 ⑯ケビン・デュラント(ウォリアーズ)5.6 ⑳ケビン・ラブ(キャブズ)5.3    これは項目名のとおり、ボールをキャッチしてすぐにシュートを放ったプレー。クイックモーションのトンプソンがダントツの平均2桁得点を記録している。アウトサイドシュートの上手なプレーヤーが多いのは言うまでもない。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください