技術&戦術

技術&戦術

2018/05/25

【動画】5月25日発売の最新号「NBAまねテク」は“イン&アウト ビハインド・ザ・バック”と…。

 NBAプレーヤーが得意とするシグネチャームーブを細かく解説する大好評の企画“NBAまねテク”。最新号Vol.08では、イン&アウト ビハインド・ザ・バック(カイリー・アービング/ボストン・セルティックス)と、1レッグ フェイドアウェイ シュート(ケビン・デュラント/ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)の2つを紹介!    今月も拓殖大の荒川 颯選手(3年)と岡田侑大選手(2年)が挑戦してくれた。また、池内ヘッドコーチがプレーの解説とポイントを教えてくれている。一見、難しいプレーに見えるが、ポイントを押さえて繰り返し練習すれば、できるようになるはず。「まずは遅いスピードで感覚をつかんでから、徐々にスピードアップしていくのがコツ」(荒川)。    みんなも今日からチャレンジしてみよう! ※荒川選手のイン&アウト ビハインド・ザ・バック (*撮影のためスローテンポ)   ※岡田選手の1レッグ フェイドアウェイ シュート (*撮影のためスローテンポ) 続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事